sportsnavi

【NFL2017年ワイルドカード】AFC西地区覇者チーフスとタイタンズが激突、終盤にまさかの・・・!

日本時間7日(日)、ワイルドカードラウンドでAFC西地区を制したカンザスシティ・チーフスと第5シードを得てプレーオフに進んだテネシー・タイタンズが対戦した。舞台はチーフスの本拠地アローヘッド・スタジアムだ。

両チームとも最初の攻撃ドライブはパントに終わったものの、クオーターバック(QB)アレックス・スミスからパスを受けたワイドレシーバー(WR)タイリーク・ヒルが45ヤードを稼ぎ、さらにスミスがタイトエンド(TE)トラビス・ケルシーに27ヤードパスを通して一気にレッドゾーンに到達したチーフスがランニングバック(RB)カリーム・ハントの1ヤードランで先制タッチダウンを挙げる。次の攻撃ドライブでもスミスとケルシーのホットラインがつながって13ヤードタッチダウンをマークしたチーフスは第2クオーターにタイタンズにフィールドゴールを許したものの、前半終了間際にスミスがWRデマーカス・ロビンソンにパスをつなぎ、14ヤードタッチダウンでタイタンズを引き離した。

18点差で迎えた後半、最初の攻撃ドライブで敵陣に進んだタイタンズはマリオタが6ヤードランでタッチダウンを決め、チーフスがフィールドゴールを失敗した後、RBデリック・ヘンリーが35ヤードを疾走してエンドゾーンに駆け込む。2ポイントコンバージョンは失敗するも5点差に迫ったところで今度はマリオタからWRエリック・デッカーに22ヤードパスがつながってタッチダウン。再び2ポイントコンバージョンに挑んで成功はさせられなかったが、タイタンズは終盤に得た1点を守り切り、22対21でチーフスを下してワイルドカードを勝ち上がった。

タイタンズQBマリオタはパス31回中19回を通して205ヤード、2タッチダウン、1インターセプトをマーク。

チーフスQBスミスは33回のパスを投げて24回成功、264ヤード、2タッチダウンを挙げたものの、今季プレーオフでチーフスは初戦で姿を消すことになった。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    1
  • 技あり
    0
視聴回数:9,214回

※視聴回数は2018/7/16に集計されたものです。

関連動画