sportsnavi

【NFL2017年第12週】感謝祭トリプルヘッダー最後の一戦はジャイアンツ対レッドスキンズ

日本時間11月24日(金)、シーズン第12週サンクスギビングデーを締めくくるナイトゲームでニューヨーク・ジャイアンツとワシントン・レッドスキンズが対戦した。

序盤は両チームともパントの応酬となったが、第2クオーターに敵地フェデックス・フィールドに乗り込んだジャイアンツがフィールドゴールを決めると、レッドスキンズもフィールドゴールを返して同点に追いつく。

後半も敵陣に前進できないドライブが続いたものの、相手のペナルティなどでジャイアンツ陣地に進んだレッドスキンズがクオーターバック(QB)カーク・カズンズの15ヤードパスでタッチダウンを決めてリードを築いた。しかしながら、次の攻撃ドライブでカズンズからのパスをランニングバック(RB)バイロン・マーシャルがファンブルしてしまい、リカバーしたジャイアンツのコーナーバック(CB)ジャノリス・ジェンキンスが53ヤードを駆け抜けてタッチダウンし、同点に持ち込んでいる。その後はしばらくどちらも得点圏に進めなかったが、残り時間5分強から始まったレッドスキンズの攻撃ドライブでQBカズンズが14ヤードのタッチダウンパスをつなぎ、さらに守備陣の援護でチャンスを得た終了間際にもフィールドゴールを成功。結果、レッドスキンズが20対10でジャイアンツを下した。

レッドスキンズQBカズンズは31回のパスを投げて19回を通し、242ヤード、2タッチダウン、1インターセプトを記録。

ジャイアンツQBイーライ・マニングはパス27回中13回成功、113ヤード、タッチダウンはなく、インターセプトは1回だった。

  • おもしろい
    1
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:2,892回

関連動画

※総視聴回数は2017/12/16に集計されたものです。