sportsnavi

【2017年第8週】サンデーナイトでスティーラーズとライオンズが対戦

日本時間10月30日(月)、シーズン第8週サンデーナイトフットボールでピッツバーグ・スティーラーズとデトロイト・ライオンズが対戦した。舞台はライオンズのホームであるフォード・フィールドだ。

オープニングドライブをフィールドゴールで締めくくったスティーラーズが先制するも、直後のドライブでライオンズもフィールドゴールを決めて同点に。ライオンズはディフェンス陣が好パフォーマンスを披露し、相手クオーターバック(QB)ベン・ロスリスバーガーのパスをインターセプトして攻撃陣にチャンスを作ったが、得点につながるプレーは生まれなかった。第2クオーターにライオンズが再びフィールドゴールを決めた後、スティーラーズのランニングバック(RB)リビオン・ベルが5ヤードを押し込み、この試合初めてのタッチダウンをマークする。2回のフィールドゴールで加点したライオンズが2点をリードして前半終了。

後半はスティーラーズ攻撃陣がパスとランを織り交ぜながら敵陣に前進し、フィールドゴールを追加して逆転に成功した。ライオンズはエンドゾーン手前1ヤードまで到達しながら得点できず、タッチダウンで追加点を挙げたスティーラーズにさらに引き離される。最終クオーター序盤に何とかフィールドゴールを決めたものの、以降は両チームとも得点なしとなり、20対15でスティーラーズがライオンズに勝利した。

スティーラーズQBロスリスバーガーはパス31回中17回、317ヤード、1タッチダウン、1インターセプトを記録。

ライオンズQBマシュー・スタッフォードは45回のパスを投げて27回を通し、423ヤードの活躍を見せたが、タッチダウンパスを決められずにチームも黒星を喫した。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:3,716回

関連動画

※総視聴回数は2017/11/18に集計されたものです。