sportsnavi

【NFL2017年第8週】NFC南地区首位のセインツに挑んだベアーズ

日本時間10月30日(月)、NFC南地区首位につけるニューオーリンズ・セインツが本拠地メルセデス・ベンツ・スーパードームにシカゴ・ベアーズを迎えてシーズン第8週に臨んだ。

オープニングドライブでランニングバック(RB)アルビン・カマーラが8ヤードのタッチダウンランを決めたセインツはベアーズにフィールドゴールを返されながらも、RBマーク・イングラムが1ヤードを押し込んでタッチダウンの追加点を得る。前半はセインツが12点リードで終了した。

後半に入ってセインツ攻撃陣の勢いが緩むと、RBジョーダン・ハワードのランを中心に敵陣に前進したベアーズが2度目のフィールドゴールを成功させる。最終クオーターではセインツがフィールドゴールを決めた後、守備陣の奮闘で攻撃のチャンスをもらったベアーズはRBタリク・コーエンが1ヤードから飛び込んでタッチダウンにつなげたが、2ポイントコンバージョンに打って出て失敗。最後にセインツがフィールドゴールを追加して試合は終了した。結果はセインツが20対12でベアーズを下している。

セインツのクオーターバック(QB)ドリュー・ブリーズはパス28回を投げて23回成功、299ヤードを記録するも、タッチダウンはなし。

ベアーズの先発QBを務めた新人のミッチェル・トゥルビスキーは32回のパスを投げて14回を通し、164ヤード、タッチダウンはなく、インターセプト1回だった。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:2,236回

関連動画

※総視聴回数は2017/11/18に集計されたものです。