sportsnavi

【NFL2017年第7週】AFC西地区ライバルのブロンコスとチャージャーズが激突

日本時間10月23日(月)、ロサンゼルス・チャージャーズが本拠地スタブハブ・センターに同じAFC西地区に属するデンバー・ブロンコスを迎えてシーズン第7週に臨んだ。

ブロンコスの攻撃を封じるディフェンス陣の援護を得て、チャージャーズ攻撃陣は敵陣1ヤードまで攻め込むも得点には至らず。ブロンコスは次の攻撃ドライブをパントで締めくくったが、チャージャーズのワイドレシーバー(WR)トラビス・ベンジャミンがフィールドに落ちたボールを拾い、そのまま65ヤード疾走してパントリターンタッチダウンを成功させた。第2クオーターにはクオーターバック(QB)フィリップ・リバースが1ヤードパスを通してタッチダウンの追加点となり、ブロンコスを無得点に抑えたチャージャーズが14点リードで前半を折り返す。

後半開始直後はどちらのチームも攻撃がかみ合わなかったが、第4クオーターにはリバースからボールを受け取ったベンジャミンが42ヤードを駆け抜けてタッチダウン。これが両チーム合わせて最後の得点となり、チャージャーズがホームでブロンコスを完封し、21対0のスコアで勝利した。

チャージャーズQBリバースはパス26回中15回成功、183ヤード、2タッチダウンをマークしている。

ブロンコスQBトレバー・シーミアンは35回のパスを投げて25回を通し、207ヤード、タッチダウンはなく、インターセプトは1回だった。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:2,400回

関連動画

※総視聴回数は2017/11/19に集計されたものです。