sportsnavi

【NFL2017年第7週】バイウイーク明けのビルズがバッカニアーズと対戦

日本時間10月23日(月)、バイウイークが明けたバッファロー・ビルズが同じく今季6試合目を迎えたタンパベイ・バッカニアーズと本拠地ニューエラ・フィールドで対戦した。

バッカニアーズがキッカー(K)パトリック・マレーの50ヤードフィールドゴールで先制した後、ビルズがフィールドゴールで同点に追いつくも、バッカニアーズが再びフィールドゴールを決めてリードを保つ。最初のタッチダウンドライブは第2クオーターに入ってから。ビルズのランニングバック(RB)ルショーン・マッコイが1ヤードを押し込んだ。

ビルズがリードして迎えた後半、ビルズのクオーターバック(QB)タイロッド・テイラーがタイトエンド(TE)ローガン・トーマスに22ヤードパスを通してタッチダウンを決め、さらに点差を広げにかかるが、バッカニアーズ攻撃陣が調子を取り戻し、タッチダウンを返して再び4点差に戻す。最終クオーター序盤にフィールドゴールで追加点を得たビルズの一方、バッカニアーズはQBジェイミス・ウィンストンがタッチダウンパスを連発し、ついに逆転に成功した。しかしながら、直後にビルズにタッチダウンを許し、試合終了間際にはフィールドゴールも献上。最終的にビルズが30対27でバッカニアーズを下している。

ビルズQBテイラーはパス33回を投げて20回成功、268ヤード、1タッチダウンをマーク。

バッカニアーズQBウィンストンはパス44回中32回成功し、384ヤード、3タッチダウンと好パフォーマンスだったが、勝利にはつなげられなかった。インターセプトは1回を記録している。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:2,442回

関連動画

※総視聴回数は2017/11/19に集計されたものです。