sportsnavi

【NFL2017年第7週】激戦区AFC南地区のライバル、ジャガーズとコルツが激突

日本時間10月23日(月)、3勝3敗が3チームと激戦区のAFC南地区に属するジャクソンビル・ジャガーズとインディアナポリス・コルツが対戦した。シーズン第7週の舞台はコルツの本拠地ルーカス・オイル・スタジアムだ。

開始早々、快調に飛ばすジャガーズ攻撃陣は細かいパスをつないで敵陣に乗り込むと、ランニングバック(RB)クリス・アイボリーが1ヤードを押し込んで先制のタッチダウンを決める。さらに、次の攻撃ドライブではクオーターバック(QB)ブレイク・ボートルスがロングパスを通して一気に敵陣深くに到達し、最後はタイトエンド(TE)マーセデス・ルイスに5ヤードパスがつながり、タッチダウンとなった。第2クオーターに2回のフィールドゴールを追加したジャガーズが20対0とリードして後半に突入している。

第3クオーターにRBのT.J.イェルドンが相手ディフェンスをかわして58ヤードを駆け抜け、タッチダウンを成功させたが、これが両チーム合わせて最後の得点となり、最終クオーターはどちらの陣営も無得点だった。コルツに至ってはこの試合、一度も得点につなげられず、試合はジャガーズが27対0で勝利している。

ジャガーズQBボートルスはパス26回中18回成功、330ヤード、1タッチダウンをマーク。

コルツQBジャコビー・ブリセットはパス37回を投げて22回を通し、200ヤード、タッチダウンとインターセプトはない。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:1,580回

関連動画

※総視聴回数は2017/11/18に集計されたものです。