sportsnavi

【NFL2017年第1週】ブロコンスが本拠地でチャージャーズと対戦

日本時間9月12日(火)、シーズン第1週マンデーナイトフットボールの2試合目に、デンバー・ブロンコスが本拠地スポーツ・オーソリティ・フィールドにロサンゼルス・チャージャーズを迎えて初戦に挑んだ。

クオーターバック(QB)トレバー・シーミアンが細かくパスをつないで攻撃のリズムを作ったブロンコスはワイドレシーバー(WR)ベニー・ファウラーが5ヤードパスを受け取って先制のタッチダウンを決めている。次のドライブでチャージャーズもオフェンスが好パフォーマンスを見せ、ランニングバック(RB)メルビン・ゴードンがQBフィリップ・リバースの投げたボールを受け取り、11ヤードのタッチダウンを挙げた。しかしながら、前半終盤にシーミアンが1ヤードを押し込んでブロンコスがタッチダウンし、7点をリードして後半に挑んだ。

後半に入ってもブロンコス攻撃陣は勢いに乗ったまま、シーミアンがまたもタッチダウンパスを通して追加点。さらに第3クオーター終了間際にフィールドゴールを決めたブロンコスはチャージャーズに得点を許さず、さらにリードを広げている。

追加点を得られないチャージャーズは最終クオーター最初のドライブもボールがつながらなかったが、ブロンコスQBシーミアンがWRファウラーを狙ってパスを投げたところ、チャージャーズのストロングセーフティ(SS)エイドリアン・フィリップスがインターセプト。これで攻撃権を得たチャージャーズはQBフィリップ・リバースの細かいパスで敵陣に進入し、最後はエンドゾーンに駆け込んだWRキーナン・アレンに5ヤードパスが通ってタッチダウンを決めた。ブロコンスの攻撃ドライブではRBジャマール・チャールズがファンブルしたボールをコーナーバック(CB)ケイシー・ヘイワードがリカバーして再びチャージャーズにチャンスが訪れる。ここでQBリバースはショットガンでWRトラビス・ベンジャミンを狙ってパスを放ち、大きく放物線を描いたボールをベンジャミンがエンドゾーンでキャッチした。しかしながら、残り7分は思うように攻めきれず、守備陣は第4クオーターにブロコンス攻撃陣を無得点に抑えたが、24対21でブロコンスがシーズン初戦を制した。

ブロコンスQBシーミアンは28回のパスを投げて17回成功し、219ヤード、2タッチダウン、1インターセプト。

チャージャーズQBリバースはパス33回中22回を成功させて192ヤード、3タッチダウン、1インターセプトを記録している。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:5,188回

関連動画

※総視聴回数は2017/9/21に集計されたものです。