sportsnavi

股関節の“やわらかさ”を生かした森田遥の回転力

「北海道meijiカップ」で初優勝を挙げた森田遥。アマチュア時代からプロ顔負けの活躍を見せ、プロ転向後は米国に渡って下部ツアーを転戦した経験を持つ。そんな彼女の正確無比なドライバーショットを解説していこう。

「体と腕の“同調”が高く、腰の回転力をメインとした体全体を使ったスイングです。注目は、股関節のやわらかさ。柔軟性の高さが彼女の大きな武器となっている模様です」と解説するのは、ゴルフスイングコンサルタントの吉田洋一郎氏だ。

アドレスでの注目は、両足のつま先が正面を向いている点です。通常つま先が正面を向いていると、股関節が硬い場合、体が回りきらなくなるのですが、森田選手はかなり股関節の柔軟性があることがうかがえます。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:4,387回

関連動画

※総視聴回数は2017/9/20に集計されたものです。