IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セールGPカウズ大会 第1レース (8月11日2019年)

SailGP(セールジーピー)第4戦カウズ大会は、荒天のため初日のレースがすべてキャンセルとなり、最終日の今日フリートレース3レースが行われました。ワイト島カウズを望むソレント海峡は潮の流れが速く風も20ノット超とタフなコンディションです。日本チームはスタート前にノーズダイブ(船首から波に突っ込むこと)し、艇フェアリングの一部が破損するアクシデントに見舞われますが、応急処置をほどこしレースに出場します。第1レースではスタート直後にアメリカチームがコンロトロールを失いキャプサイズ(横転)し、レースから離脱。5艇でのレースとなったこのレース、日本チームはオーストラリアに次いで2位でフィニッシュスしました。トム・スリングスビー率いるオーストラリアは終始安定した走りで、フィニッシュラインに向かう最後のレグでは50ノットを記録するなど存在感を見せつけました。日本はこのレース中にグラインダーのペデスタル(ポスト)が折れてしまうトラブルに見舞われました。

視聴回数:133,294回

※視聴回数は2020/4/2に集計されたものです。

関連動画