sportsnavi

成松大介2回戦はテンポの速い米国19歳

メダルラッシュのリオ五輪日本代表。ボクシングも続け!序盤は硬さもあった初戦を逆転のポイント勝ちで2回戦にコマを進めたライト級の成松大介(26=自衛隊体育学校)は、日本時間の8月9日23時からの競技で、アメリカ代表のカルロス・バルデラスと対戦する。時折、構えを左右にスイッチしながら、テンポの速いボクシングでカザフスタンの強豪、ベリク・アブドラクマノフを撃破し、勢いにのる19歳の動きをどう封じ込めるのか?カギを握るのは成松のパンチ力。1984年のロサンゼルス大会以来のノーヘッドギアルール。3分3ラウンド、計9分の短期決戦でも成松がボディをえぐることができれば、相手の動きを止めることができるはず。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    1
  • 技あり
    0
総視聴回数:5,309回

関連リンク

関連動画

※総視聴回数は2017/12/12に集計されたものです。