IDでもっと便利に新規取得

ログイン

余命宣告されたスノーボーダーが中心となって開催された「東京雪祭SNOWBANK PAY IT FORWARD」

骨髄バンクのドナー登録や骨髄移植について正しい情報・知識を広めるため、プロスノーボーダー、プロスケートボーダーの演技、ダンスパフォーマンス、バンド演奏、ライブペインティング、各種アクティビティなどを楽しめるイベント「東京雪祭 SNOW BANK PAY IT FORWARD 2018」が2018年11月10日(土)〜11日(日)に、東京・代々木公園にて開催された。

このイベントは、100万人に一人とも言われる難病「慢性活動性 EB ウィルス感染症」を患い、骨髄バンクを介した骨髄移植を受けて命を救われたプロスノーボーダー荒井“DAZE”善正を発起人として2011年から始まり、今年で8年目の開催を迎えた。イベントではスノーボードを通じて若者を集め、そして骨髄バンクのドナー登録への理解を深め、ドナー登録数増進を目的としている。

視聴回数:307回

※視聴回数は2020/3/28に集計されたものです。

関連動画