sportsnavi

【NFLプレシーズン第4週】プレシーズン最終戦を勝利で飾ったシーホークス

オークランド・レイダースは現地1日(木)、プレシーズン第4週でシアトル・シーホークスと対戦。ディフェンシブエンド(DE)ライアン・ロビンソンがインターセプトし、42ヤードのリターンでタッチダウンを決めるなどの活躍を見せたシーホークスが23対21でレイダースに勝利した。

シーホークスの先発陣はほとんどが1プレーのみに参加し、レイダースも大半が欠場したため、試合を通してあまり目立ったプレーが見られていない。

最初のタッチダウンが実現したのは第4クオーターに入ってから。レイダースのランニングバック(RB)ジョージ・アトキンソンとシーホークスのQBトレボン・ボイキンがともにファンブルを喫した後、レイダースの新人QBコナー・クックがロールアウトでプレッシャーを受けると、ロビンソンがパスの前に立ちはだかり、リターンを決めて9対8とした。

シーホークスは3勝1敗、レイダースは1勝3敗でプレシーズンを終えている。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:4,969回

関連動画

※総視聴回数は2016/9/25に集計されたものです。