ファンが選ぶ好きなサンデーサイレンス産駒ランキング

記事

スポーツナビでユーザー投票を実施した「好きな種牡馬&サンデーサイレンス産駒ランキング」。1000票以上の投票から選ばれた名馬は? 今回はサンデーサイレンス産駒編のランキングを発表します!

※1人3票まで投票可能
※ランキング上位と総評コラムはスポーツナビアプリでご覧いただけます

ランキング

順位 馬名 主な勝ち鞍 得票率
1 サイレンススズカ・牡 98年宝塚記念 43.56%
2 ディープインパクト・牡 05年皐月賞、05年日本ダービー、05年菊花賞、06年天皇賞春、06年宝塚記念、06年ジャパンカップ、06年有馬記念 36.61%
3 ステイゴールド・牡 01年香港ヴァーズ 28.22%
4 スペシャルウィーク・牡 98年日本ダービー、99年天皇賞春、99年天皇賞秋、99年ジャパンC 23.93%
5 ダンスインザダーク・牡 96年菊花賞 9.20%
6 ハーツクライ・牡 05年有馬記念、06年ドバイシーマクラシック 7.57%
7 フジキセキ・牡 94年朝日杯3歳S 7.36%
8 バブルガムフェロー・牡 95年朝日杯3歳S、96年天皇賞秋 6.75%
9 アグネスタキオン・牡 01年皐月賞 6.34%
10 ジェニュイン・牡 95年皐月賞、96年マイルチャンピオンシップ 4.29%
11 ダンスパートナー・牝 95年オークス、96年エリザベス女王杯 4.09%
12 マンハッタンカフェ・牡 01年菊花賞、01年有馬記念、02年天皇賞春 3.68%
13 デュランダル・牡 03年スプリンターズS、03、04年マイルCS 3.27%
14 ダイワメジャー・牡 04年皐月賞、06年天皇賞秋、06、07年マイルCS、07年安田記念 3.07%
15 アドマイヤベガ・牡 99年日本ダービー 2.25%
15 ゼンノロブロイ・牡 04年天皇賞秋、04年ジャパンカップ、04年有馬記念 2.25%
17 マーベラスサンデー・牡 97年宝塚記念 2.04%
17 マツリダゴッホ・牡 07年有馬記念 2.04%
19 アドマイヤグルーヴ・牝 03、04年エリザベス女王杯 1.84%
20 イシノサンデー・牡 96年皐月賞 1.64%
20 スティルインラブ・牝 03年桜花賞、03年オークス、03年秋華賞 1.64%
20 フサイチパンドラ・牝 06年エリザベス女王杯 1.64%
23 ダンスインザムード・牝 04年桜花賞、06年ヴィクトリアマイル 1.43%
24 ネオユニヴァース・牡 03年皐月賞、03年日本ダービー 1.02%
24 ヘヴンリーロマンス・牝 05年天皇賞秋 1.02%
24 オレハマッテルゼ・牡 06年高松宮記念 1.02%
27 タヤスツヨシ・牡 95年日本ダービー 0.82%
27 アグネスフライト・牡 00年日本ダービー 0.82%
27 ゴールドアリュール・牡 02年ジャパンダートダービーほか 0.82%
30 エアシャカール・牡 00年皐月賞、00年菊花賞 0.61%

全ランキングを見るならスポーツナビアプリ(無料)

QRコード
対応OS
iOS 14.0以上
Android 7.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

1998年の天皇賞・秋でレース中に左前脚を骨折し、競走を中止するサイレンススズカ(左端)。稀代の逃げ馬としてのキャラクターと悲劇の最期が、今もなお伝説としてファンの心に残っている【写真は共同】

「ファンが選ぶ! 思い出のサンデーサイレンス産駒ランキング」の結果は表のようになった。1位は悲劇の超快足逃げ馬・サイレンススズカ。2位は現役時代も、種牡馬としても日本の競馬界を大いに盛り上げてくれた(現在も盛り上げてくれている)ディープインパクト、3位は現役時代は「シルバーコレクター」として、種牡馬としては人気のくせ馬の父として注目されたステイゴールド。以下、スペシャルウィーク、ダンスインザダークと続く。武豊騎手と縁の深い馬が多い印象だ。

 1位のサイレンススズカ。「思い出の」と銘打たれているが、ここでは「超快足逃げ馬」という思い出と「悲劇」という思い出が、否が応でも交錯する。複数回答ながら、総回答数の43.6%がサイレンススズカに投票されているという結果は、未完のまま終わってしまった超快足逃げ馬の物語が、23年という歳月を経てもなお、私たちの心の中に残り続けていることを教えてくれる。

 2位のディープインパクトは、現役時代の深い衝撃に加え、種牡馬としての実績も父に迫ろうかという勢いだ。早すぎる死は非常に残念だったが、近い将来、「ディープインパクト系」などと呼ばれるサイヤーラインが形成されるのではないかと思えるほど、産駒の活躍が目覚ましい。

 3位のステイゴールドは「ファンが選ぶ! 好きな種牡馬ランキング・OB編」では、父サンデーサイレンスを抑え、堂々の1位。「同・現役編」では、ステイゴールド産駒が1位と2位を占めるなど、その人気は根強い。

 さて、私ごとで恐縮だが、20年以上前、ある書籍の取材でノーザンファームと社台スタリオンステーションにお邪魔し、牧場のご厚意でサンデーサイレンスに会わせていただいたことがある。書籍用に写真を撮らせていただいたのだが、その神々しいばかりに黒光り(青光り?)した馬体に大いに魅せられたのを昨日のように覚えている。

 彼の賢さと風格にも驚かされた。足下の草を食んでいても、筆者がカメラを構えると顔を上げ、ピタリと止まって決めポーズを取る。まるで売れっ子モデルの写真撮影のようだった。シャッターの音を聞くと草を食べ始め、筆者が「はい、撮ります」と声を掛けると食べるのをやめてポーズを取った。5、6回ほどシャッターを押したと思う。すると「もう十分に撮ったでしょ」と言わんばかりに、草を食み出し、以後、声をかけても二度とポーズを取ってはくれなかった。筆者はサンデーサイレンスにお礼を言って、その場を離れた。

 隆盛を極めるサイヤーラインの祖の、リアルな一面を感じていただけたら幸いである。


(文:木村俊太、企画構成:スリーライト)

関連リンク