明治安田生命J1リーグ【第32節】長崎vs横浜FM ハイライト

明治安田生命J1リーグ第32節 V・ファーレン長崎 vs 横浜F・マリノスのハイライト。

前半13分、横浜FMは遠藤渓太が倒されてPKを獲得。キッカーは伊藤翔が務めたが、シュートはGK徳重健太が好セーブ。ボールはポストに当たってペナルティエリア内に残ったが、長崎DFが間一髪でクリアしシュートを打たせなかった。

ゲームが動いたのは後半29分。イッペイ・シノヅカが右サイドからクロスを供給すると、ボールは混戦の中をすり抜けて伊藤の足に当たり、ゴールに吸い込まれる。

長崎にとってはやや不運な失点が勝負の分かれ目となり、試合は横浜FMが勝利。この結果、長崎は17位以下でのシーズン終了が確定した。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018111009

視聴回数:7,156回

※視聴回数は2019/6/26に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計