sportsnavi

明治安田生命J1リーグ【第32節】柏vs鹿島 ハイライト

明治安田生命J1リーグ第32節 柏レイソル vs 鹿島アントラーズのハイライト。

先制したのはアウェイチーム。前半5分、鹿島は敵陣でFKを獲得。キッカーの遠藤康がクロスを送るが、相手DFにクリアされる。しかしそのボールを拾った金森健志が左足を振り抜くと、ボールはネットに突き刺さる。

追う展開となった柏は前半9分に瀬川祐輔のゴールで同点に追い付くと、前半24分には瀬川がこの日2点目を決めて逆転に成功する。しかし鹿島は前半27分、CKから町田浩樹のヘディングシュートがネットを揺らし、同点に追い付く。

さらに鹿島は後半16分、自陣でボールを奪うとカウンター。遠藤がペナルティエリア右からループシュートを放つが、これはクロスバーに嫌われる。しかしそのボールを拾った山口一真のシュートが決まり、鹿島がリードを奪う。

それ以上はスコアは動かず、試合はそのまま終了。3-2で勝利した鹿島が暫定ながら3位に浮上した。一方敗れた柏は苦しい状況が続く。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018110602

視聴回数:1,455,705回

※視聴回数は2018/11/14に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計