sportsnavi

明治安田生命J2リーグ【第39節】甲府vs讃岐 ハイライト

明治安田生命J2リーグ第39節 ヴァンフォーレ甲府 vs カマタマーレ讃岐のハイライト。

残留のためには勝点3が是が非でも欲しい讃岐だったが、試合は前半から甲府のペースで進む。前半26分にはゴール前の攻防から決定機を迎えたが、曽根田穣が至近距離から放ったシュートはクロスバーを直撃し、得点に至らない。

主導権を握りながら得点を奪えない時間が続いた甲府は、後半38分に森晃太を投入。すると松橋優からのクロスを入ったばかりの森が頭で合わせて、甲府が先制に成功。森はピッチに入ってから30秒程度での得点だった。

結局試合は森のゴールが決勝点となり、甲府が勝利。町田との未消化試合が残る讃岐は、まずは水曜日の町田戦に全力を注ぐ必要がある。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018102803

視聴回数:247,755回

※視聴回数は2018/11/13に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計