sportsnavi

明治安田生命J2リーグ【第38節】栃木vs甲府 ハイライト

明治安田生命J2リーグ第38節 栃木SC vs ヴァンフォーレ甲府のハイライト。

ゲームが動いたのは前半7分。ペナルティエリア右角付近でボールを受けた佐藤和弘がいったんキープした後にマイナスへ流すと、走り込んだ小椋祥平がダイレクトでミドルシュートを放つ。これがネットを揺らして甲府が先制に成功する。

栃木は失点から4分後の前半11分、セットプレーから大黒将志の鮮やかなゴールで同点に追い付くと、後半26分には相手のクリアボールを奪うとそのままフィニッシュ。これが決まり、大きな追加点が入る。

追う展開となった甲府だったが、後半48分に高野遼のクロスをジエゴが頭で押し込んで同点。そのまま試合は終わり勝点1を分け合ったが、他会場の結果、栃木のJ2残留が確定した。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018102103

視聴回数:2,829,984回

※視聴回数は2018/11/19に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計