sportsnavi

明治安田生命J2リーグ【第26節】山口vs町田 ハイライト

明治安田生命J2リーグ第26節 レノファ山口FC vs FC町田ゼルビアのハイライト。

わずかながら残されているプレーオフへの可能性をつなげるために、山口は勝点3が必要だった試合。しかし結果は優勝を目指す町田に軍配が上がった。

立ち上りからホームの山口が試合のペースを握り、前半28分には左サイドから高木大輔がクロスを入れると、これをファーサイドの岸田和人がゴール前に折り返す。最後はフリーだった大石治寿がボレーを放つが、絶好機のシュートはクロスバーを越えてしまう。

ゲームが動いたのは後半31分。町田は右サイドから平戸太貴がクロスを供給。ニアサイドのドリアン・バブンスキーが潰れ役となり、ボールは杉森考起の元へ。杉森は反転しながらシュートを放つとゴール左隅に決まり、ついに町田が先制する。

結局試合はそのまま終わり、山口はプレーオフが一気に遠のく敗戦。一方町田はリーグ制覇に向けて弾みをつける、敵地での貴重な勝利となった。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018101701

視聴回数:1,150,175回

※視聴回数は2018/11/16に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計