【菊花賞】メイショウテッコン・中塚健一助手 長丁場で生きるアイアンハート

【菊花賞(日曜=21日、京都芝外3000メートル)】逃げて実にしぶとい粘りを見せた神戸新聞杯のメイショウテッコン。調教パートナーの中塚健一助手は、春のクラシックホース相手の健闘に能力の高さを再認識したという。

 父マンハッタンカフェとあれば、淀の3000メートルにも不安なし。輝く瞳、黒光りする馬体からもデキの良さが伝わってくる。あとは鉄の魂となって二度の坂越えを乗り切るだけだ(10日撮影)。

視聴回数:1,367,134回

※視聴回数は2019/10/17に集計されたものです。

関連動画