sportsnavi

明治安田生命J2リーグ【第37節】京都vs徳島 ハイライト

明治安田生命J2リーグ第37節 京都サンガF.C. vs 徳島ヴォルティスのハイライト。

残留のためにこれ以上の敗戦は避けたい京都と、プレーオフ圏を目前にして足踏みが続く徳島。どちらも勝点3が欲しい一戦は、開始早々にゲームが動く。

前半3分、京都は敵陣センターサークル付近でFKを獲得。キッカーの石櫃洋祐が滞空時間の長いクロスを送ると、これに反応した田中マルクス闘莉王が頭で合わせる。ゴールマウスまでは距離があったが、山なりのボールはGK梶川裕嗣の頭上を越え、伸ばした両手をかすめるようにしてネットを揺らし、ホームチームが先制に成功する。

その後は徳島がゲームの主導権を握りチャンスを作るが、京都はGK清水圭介の好セーブもあり最後まで徳島にゴールを許さない。試合は1-0で京都が勝利し、残留に向けて貴重な勝点3を獲得した。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018101304

視聴回数:258,089回

※視聴回数は2018/11/14に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計