sportsnavi

明治安田生命J2リーグ【第37節】大宮vs栃木 ハイライト

明治安田生命J2リーグ第37節 大宮アルディージャ vs 栃木SCのハイライト。

立ち上がりから試合の主導権を握ったのはホームの大宮。前半15分、栃木FW大黒将志に渡りかけたボールを河本裕之がスライディングでクリアし、それをを拾った茨田陽生がミドルシュートを放つが、枠をとらえなかった。

その後も積極的な攻めの姿勢を見せていた大宮は、前半21分にペナルティエリア手前で大前元紀が倒されてFKを獲得。これを大前が自ら決めて大宮が先制に成功する。

後半は残留確定に一歩でも前進したい栃木が反撃に転じるが、大宮守備陣が奮闘し得点を許さない。試合はそのまま終わり、1-0で勝利した大宮が勝点を63に伸ばした。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018101301

視聴回数:278,569回

※視聴回数は2018/11/19に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計