sportsnavi

明治安田生命J2リーグ【第37節】岐阜vs岡山 ハイライト

明治安田生命J2リーグ第37節 FC岐阜 vs ファジアーノ岡山のハイライト。

前半はアウェイの岡山が試合のペースを握り、前半10分にはジョン・チュングンが右サイドを突破して決定機を迎えたが、シュートはわずかに枠を外れてしまう。押し込まれながらも耐えた岐阜守備陣の奮闘もあり、前半はスコアレスで後半へと折り返す。

ゲームが動いたのは後半12分。ジョン・チュングンのスルーパスに反応した齊藤和樹がシュート。ボールは相手に当たり勢いを削がれながらもゴールマウスに吸い込まれ、岡山が先制に成功した。

残留のために勝利が必要な岐阜は後半33分、三島頌平の左サイドからのクロスに反応した田中パウロ淳一が押し込み、自らの“J2通算100試合出場”を同点ゴールで飾る。さらに後半42分は石川大地のゴールで逆転に成功。試合はそのまま終わり、岐阜が残留に向けて価値ある勝点3を獲得した。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018101303

視聴回数:305,040回

※視聴回数は2018/11/14に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計