sportsnavi

明治安田生命J2リーグ【第32節】山口vs山形 ハイライト

明治安田生命J2リーグ第32節 レノファ山口FC vs モンテディオ山形のハイライト。

キックオフからわずか13秒で山形は自陣でボールを奪取するとカウンターを発動。パスを受けた小林成豪がドリブルで一気に山口ゴールを目指しシュートを放つが、GK吉満大介が好セーブを見せる。

その後もペースを握った山形は前半43分にFKを獲得。キッカーの三鬼海のクロスに反応した栗山直樹がヘディングシュート。これはGKにクリアされたが、そのこぼれ球を小林が豪快に蹴り込み、山形が先制に成功する。

前半はリズムに乗れなかった山口だが、後半はペースを握ると山形ゴールを脅かす。しかし最後まで相手の守備を崩すことができないまま試合は終了。勝った山形は勝点を47に伸ばし、プレーオフ圏の6位以内へ浮上の可能性を残した。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018090903

視聴回数:358,913回

※視聴回数は2018/11/19に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計