sportsnavi

2018YBCルヴァンカップ【準々決勝】甲府vs柏 ハイライト

YBCルヴァンカップ準々決勝 ヴァンフォーレ甲府 vs 柏レイソルのハイライト。

ホームの甲府は、ルーマニア1部のアストラから獲得した瀬戸貴幸と、来季の加入が内定している特別指定選手の中山陸(東海大相模高3年)が先発出場し、注目を集めた。

前半はアウェイの柏が主導権を握り甲府を押し込むが、フィニッシュが決まらず得点が入らない。甲府は守勢に回りながらも前半を無失点で切り抜け、スコアレスで後半へと折り返す。

ゲームが動いたのは後半9分。高野遼がクロスを入れると、太田修介が競り勝ちボールは中山へ。これを足元に収めた17歳のFWは冷静に右足を振り抜き、貴重な先制点を挙げた。

柏は後半18分に中川寛斗のゴールで同点に追い付いたが、甲府は後半24分に先制点を挙げた中山のアシストから曽根田穣が追加点。終盤まで1点をリードし勝利も見え始めていたが、後半40分にクリスティアーノのゴールで柏が同点に追い付く。

試合はそのまま2-2で終了。敵地で引分けた柏が有利な状況で第2戦を迎える。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018090502

視聴回数:4,705回

※視聴回数は2018/11/13に集計されたものです。

関連動画