sportsnavi

明治安田生命J1リーグ【第24節】鳥栖vsG大阪 ハイライト

明治安田生命J1リーグ第24節 サガン鳥栖 vs ガンバ大阪のハイライト。

試合は前半からホームの鳥栖が主導権を握り、立上りの決定機を含めて幾度もG大阪陣内へ攻め入るが、GK東口順昭をはじめとする相手の守備陣に阻まれ得点が生まれない。対するG大阪もチャンスは作るがゴールが決まらず、前半はスコアレスで後半へ折り返す。

ゲームが動いたのは後半3分。フェルナンド・トーレスのポストプレーから小野裕二のミドルシュートが決まり、鳥栖が先制する。これで勢いが生まれた鳥栖は後半14分、トーレスからのパスを受けた金崎夢生のシュートがネットを揺らし、移籍後初ゴールを決めた。

そして仕上げはこの試合2アシストのトーレス。後半41分、福田晃斗のクロスに反応したトーレスのダイビングヘッドが決まり、天皇杯に続いてリーグ初ゴールを挙げた。試合はそのまま終わり、3-0で鳥栖が快勝。トーレス、金崎の“助っ人FW”がリーグ初得点し、これからの巻き返しに期待がかかる。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018082604

視聴回数:738,533回

※視聴回数は2018/11/13に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計