sportsnavi

明治安田生命J2リーグ【第26節】岡山vs徳島 ハイライト

明治安田生命J2リーグ第26節 ファジアーノ岡山 vs 徳島ヴォルティスのハイライト。

ともに勝点は41と、プレーオフ圏の6位以内を目指す上で負けられない一戦は、前半開始からわずか1分でゲームが動いた。岡山はスローインからの流れから大竹洋平が左サイドを突破し、中央を並走する齊藤和樹へパスを送る。これを受けた齊藤が確実にゴールに流し込んで、岡山がさい先良く先制する。

早々に1点ビハインドとなった徳島は前半28分、相手陣内の深いところで味方のスローインを受けた佐藤晃大が、ゴール前の混戦の中を岩尾憲へヒールパス。これを受けた岩尾のシュートがネットを揺らし、同点に追い付く。

同点に追い付かれた岡山は前半38分、大竹洋平が右サイドからクロスを入れると、それに反応した仲間隼斗のヘディングシュートが決まり勝ち越しに成功。その後はスコアは動かず試合は2-1で岡山が勝利。勝点を44に伸ばし、プレーオフ圏へ一歩近づいた。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018082210

  • おもしろい
    1
  • 感動した
    1
  • 技あり
    0
視聴回数:175,780回

※視聴回数は2018/9/22に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計