sportsnavi

「とにかく投げることが大好き!」女子ソフト 小さな琉球パワーヒッター・濱村ゆかり<世界女子ソフトボール選手権2018>

球種は多くないものの躍動のあるフォームから投じる“火の玉ストレート”が最大の武器。「とにかく投げることが大好き!」という根っからの投手気質な23歳は、攻めるピッチングで多くの打者を手玉にとってきた。
2016年の日本リーグではケガの上野に代わり、所属先のビックカメラ高崎で主戦として活躍。防御率0.54で最優秀投手賞を獲得した。初出場となった同年の世界ソフトボールでも、チームトップの3勝をあげ、決勝のアメリカ戦にも先発。日本初の世界選手権3連覇がかかった大事な登板だったが、その決勝の舞台で4回途中7失点。本気のライバル・アメリカの底力をまざまざと見せつけられる結果となった。
 その後も悔しさをバネに日本リーグで着実に結果を残し、今年8月の世界ソフトボール代表に再び選出された濱村。生まれ育った地元・千葉県での開催に「プレッシャーもあるけど、地元のファンの方々に恩返しがしたい」と気合い十分。
世界ソフトボールの悔しさを晴らすのは世界ソフトボールで―
2年前に悔しさを味わった若き剛腕は、アメリカを破っての金メダル獲得だけを見据えている。

<大会期間・場所>
8月2日(木)~8日(水)予選リーグ
8月10日(金)~12日(日)決勝トーナメント

予選リーグ:」ナスパ・スタジアム(成田市)、第一カッター球場(習志野市)、ゼットエーボールパーク(市原市)
決勝トーナメント:ZOZOマリンスタジアム(千葉市 幕張)

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
視聴回数:245回

※視聴回数は2018/9/18に集計されたものです。

関連動画