sportsnavi

25年戦士・千葉ロッテ福浦がアドバイス!マリンでの守備、コツは「練習から」

8月2日に開幕する世界女子ソフトボール選手権。決勝戦は千葉ロッテマリーンズの本拠地・ZOZOマリンスタジアムで行われる。幕張をよく知る千葉ロッテの福浦和也に、マリンで守備につく際のアドバイスを語ってもらった。

Q.今は守備につくことは少ないが、守備で出た際に気を付けていることは?
まず練習の時から風を感じる。どういう風にボールが曲がるのか。野手の送球も風で曲がったりもする。そういうところも練習で確認する。あとはやっぱりフライかな。

僕はもうほんとに慣れじゃないけど、風の向きとかでだいたいこのあたりで落ちるなっていう。最初はもう、若いときとかはほんとにフライ難しかったですけど、練習を重ねて試合で経験していった。1試合とかだけだとなかなか難しいかもしれません。

Q.打球の行方はどのように判断しているか?
だいたい風の向きとかで、あそこに上がったらこう落ちるなとか。ここらへんに上がったらファールになるな、っていうのはなんとなく。僕は分かってやっています。

Q.その境地に達するにはやっぱり慣れてコツを掴むしかない?
そうだと思います。

世界女子ソフトボール選手権の決勝戦はZOZOマリンスタジアムで行われるが、球場の特性である“風”をどう利用するかが勝利のポイントとなるのかもしれない。



【大会概要】
世界女子ソフトボール選手権 (WBSC Women's Softball World Championship )
<会場>
ZOZOマリンスタジアム(千葉県千葉市)
ナスパ・スタジアム(千葉県成田市)
第一カッター球場<秋津野球場>(千葉県習志野市)
ゼットエーボールパーク(千葉県市原市)
<期間>8/2(木)~8/12(日)

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    1
視聴回数:30,957回

※視聴回数は2018/9/23に集計されたものです。

関連動画