sportsnavi

明治安田生命J2リーグ【第17節】新潟vs甲府 ハイライト

明治安田生命J2リーグ第17節 アルビレックス新潟 vs ヴァンフォーレ甲府のハイライト。

ともに勝点24で迎えた“降格組”の一戦。前半からアウェイの甲府が主導権を握ると、キックオフからわずか2分で今津佑太のゴールが決まり先制に成功する。

その後も甲府の勢いは衰えず、前半33分に小塚和季のシュートがネットを揺らすと、その2分後にも再び小塚が決めてスコアは3-0に。さらに前半42分にはCKからリンスがヘディングシュートを決め、リードを4点に広げる。

4点を追う新潟は後半3分にターレスのヘディングシュートで1点を返すが、その後も甲府のペースは変わらない。攻撃の手を緩めない甲府は、後半33分に道渕諒平が個人技から強烈なミドルシュートを叩き込む。試合はそのまま終わり、アウェイで甲府が圧勝。昇格に向けて弾みをつける勝利を飾った。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018062004

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    1
視聴回数:3,472回

※視聴回数は2018/7/18に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計