sportsnavi

明治安田生命J2リーグ【第17節】岡山vs山形 ハイライト

明治安田生命J2リーグ第17節 ファジアーノ岡山 vs モンテディオ山形のハイライト。

前半立上りは岡山がペースを握り、前半14分に赤嶺真吾のポストプレーから武田将平のミドルシュートでさい先良く先制する。しかし時間の経過とともに山形にもチャンスが生まれ始め、前半40分にPKを獲得。これを倒された小林成豪が自ら決めて、山形が同点に追いつく。

1-1で迎えた後半は開始から5分と早い時間に山形が得点、南秀仁のパスを受けた阪野豊史のボレーシュートが決まり、アウェイチームがリードを奪う。

1点を追う岡山は攻勢を強め、後半25分にCKのチャンスから濱田水輝のヘディングシュートが決まり、同点に追いつく。しかし以後はスコアは動かず、試合は2-2の引分けで終了。上位争いの岡山は勝点1の上積みとなった。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018060207

視聴回数:3,041回

※視聴回数は2018/11/16に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計