sportsnavi

W杯で西野監督が求めるもの、求めないもの <秋田豊のクールヘッド解説・5/30ガーナ戦のみどころ>

<秋田豊のクールヘッド解説・5/30ガーナ戦のみどころ>
(ガーナ戦の前日会見を取材して)

西野監督は3バックをやりたいのだろうというイメージ
3バックといえども、5バックのような形で5枚でブロックを作ると思う。
5枚で守れば楽になりますから、あまり個の能力は必要なくなってくる。

西野監督は個で戦うことは求めていない。グループで守ることを求めている。
長谷部がコントロールしながら、味方のサポート、そしてカバーをする。

ガーナ戦で注目したいのは、長谷部選手が能力の高い選手スピードのある選手、背の高い選手と対峙したとき。
ゴール前で1対1が作られてしまう場面で、いかにして守れるかというところです。

秋田豊
1970年8月6日生、愛知県名古屋市出身
1993年鹿島アントラーズ入団、以後、鹿島黄金時代のメンバーとして数々のタイトルを獲得。
1998年、2002年 W杯日本代表として、当時のアルゼンチン代表バティストゥータや、98年W杯得点王に輝いた元クロアチア代表シュケルなど、世界のトップストライカーと互角に渡り合う。
一対一、ヘディングが強い日本を代表するセンターバック。
「ヘディングだけで家を2軒建てた」という逸話も。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
視聴回数:55回

※視聴回数は2018/7/17に集計されたものです。

関連動画