sportsnavi

「昇格組の唯一の望み」がトリノ相手に敗戦、最終節に運命を委ねる

セリエA第37節、トリノ対SPALフェッラーラ。

今季の「昇格組」の中で唯一残留の可能性を残し、2連勝で14位までランクを上げてきたSPALであったが、トリノの前に敗戦した。

先制点はアルベルト・グラッシの強烈なミドルシュートであげたものの、その後が続かず、徐々にトリノのペースに。

その後、後半23分に主砲アンドレア・ベロッティにゴールを許すと、42分にはそのベロッティが起点となってロレンツォ・デ・シルヴェストリがゴール。

この結果、1-2の逆転負けとなり、17位にランクダウンすることとなった。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
視聴回数:971回

※視聴回数は2018/5/21に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計