sportsnavi

フライブルクが伏兵の二発、自力でのブンデスリーガ残留を決める

ブンデスリーガ最終節、SCフライブルク対FCアウグスブルク。

自らが敗戦し、ヴォルフスブルクが勝利すると、得失点差により降格プレーオフの16位に落ちる可能性のあるフライブルク。

そのためにこのアウクスブルク戦は引き分け以上で終えることが目標であったが、伏兵二人の2ゴールにより勝利した。

チーム内総得点(30得点)の半分を一人でマークする、エースのニルス・ぺテルセンのゴールはなかったが、後半4分にMFニコラス・ヘフラーが今季初得点を上げて先制、最後は2トップの一角を担ったティム・クラインディーンストもゴールネットを揺らした。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
視聴回数:219回

※視聴回数は2018/5/21に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計