sportsnavi

酒井宏樹が戦列復帰で先発フル出場!しかし、チームはドロー決着でCL出場に暗雲…

リーグ・アン第37節、ギャンガン対マルセイユ。

16日に行われるヨーロッパリーグの決勝を前に酒井宏樹が怪我から復帰した一戦は、3-3でドロー。マルセイユの順位は4位から上がらず、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得が事実上困難となった。

開始2分にジェルマンのゴールで先制すると、14分にトヴァンが追加点。順調なスタートを切ったマルセイユだが、その後はギャンガンのペースに。

前半終了間際にグルニエのゴールで1点を返されて前半を終えると、後半7分にはPKを与え、同点に追いつかれる。

さらに、後半21分には、DFラインの裏を抜け出したブリアンをGKマンダンダがファールで止めてしまい、PKからゴールを許すだけではなく一発退場の判定で数的不利に。

10人になったマルセイユは、後半36分に主砲トヴァンが意地の一発で3-3に持ち込んだが、さらにサールが肩を脱臼して9人となってしまった彼らにはドローが「やっ」とであった。

  • おもしろい
    1
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
視聴回数:1,510回

※視聴回数は2018/5/21に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計