sportsnavi

武藤がチームを残留に導く殊勲のゴール!ドルトムント相手に勝利して残留を決める

ブンデスリーガ第33節、ボルシア・ドルトムント対FSVマインツ05。

残留のために勝利が必要なマインツは、ドルトムントのホームに乗り込んだが、前半開始早々決定機を迎える。

前半4分、前節デビュー戦でゴールを上げた新星ボテ・ヌズジ・バクがジャン・フィリップ・グバミンの落としを決めて2試合連続弾。

さらに13分、左サイドでボールを持ったパブロ・デ・ブラシスが中央へ早めのクロスを入れると、これに反応した武藤嘉紀。巧みなポジショニングからのヘディングでキャリアハイとなる今季8点目を記録した。

その後、ドルトムントのマクシミリアン・フィリップが反撃の一発を叩き込むが、スコアは1-2で終了。競合相手に勝利し、ブンデスリーガ残留を決めた。

  • おもしろい
    4
  • 感動した
    4
  • 技あり
    7
視聴回数:10,248回

※視聴回数は2018/5/20に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計