sportsnavi

アザールがブンデスリーガ移籍後初の二桁得点に到達、フライブルクは残留争いを抜け出せず

ブンデスリーガ第33節、ボルシア・メンヘングラードバッハ対SCフライブルク。

前半18分、トルガン・アザールがDFラインの裏を抜け出してボルシアMGが先制。エースの今季二桁得点をマークすると、その後、ニコ・エルヴェディが追加点。

ティム・クラインディーンストのゴールでSCフライブルクが一矢を報いるが、さらに、ヨシップ・ドゥルミッチがダメ押し弾を入れ、ボルシアMGが3-1で勝利した。

この結果、フライブルクは、降格プレーオフ圏の16位のヴォルフスブルクとの勝点差は3のまま。趨勢は最終節にもつれこむこととなった。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
視聴回数:551回

※視聴回数は2018/5/21に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計