sportsnavi

武藤が全ゴールに絡む大活躍!マインツが大きな勝点3で残留圏に浮上!

ブンデスリーガ第32節、FSCマインツ05対RBライプツィヒ。

入れ替え戦に回る16位のフライブルクと同勝点で並ぶ15位マインツはホームに強敵ライプツィヒを迎えたが3-0で完勝した。

この完勝の原動力となったのが、リーグ戦7試合ぶりのスタメンとなった武藤嘉紀。

前半29分にペナルティエリア内でボールを収めるとPKを呼び込み、これをパブロ・デ・ブラシスが沈めて先制点を獲得。

さらに後半に入り39分、今度は左サイドからのクロスを受けて右足で後ろにそらす。そこに走りこんできたアレクサンドゥル・マキシムが叩き込み、貴重な追加点をアシスト。

最後は後半45分、自陣からのロングボールに競り合うと、そのこぼれ球を味方が繋ぎ、U-19ドイツ代表ボテ・ヌズジ・バクがブンデスリーガ初得点。

この結果、マインツはヴォルフスブルクを抜き去り、残留圏内の14位に浮上した。

  • おもしろい
    5
  • 感動した
    8
  • 技あり
    6
視聴回数:63,168回

※視聴回数は2018/5/26に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計