sportsnavi

ドルトムントは2位浮上のチャンスを活かせず、香川は久しぶりにベンチメンバー復帰を果たす

ブンデスリーガ第32節、ヴェルダー・ブレーメン対ボルシア・ドルトムント

ブンデスリーガにおいて100回目となる同カードは、アウェイのドルトムントが終始攻勢をかけるが、なかなか枠内に収まるシュートが少なく、最終的にはマルコ・ロイスとトマス・デラネイのゴールで1-1の引き分けで終わった。

この結果、ドルトムントは3位は変わらず、依然としてCL出場権獲得を自力で決められる状況にあり、次節のホーム最終戦はマインツと今季のリーグ最終節はアウェイでホッフェンハイムと戦う。

なお、香川真司はようやく怪我が癒え、久しぶりにベンチメンバーに復帰している。

  • おもしろい
    2
  • 感動した
    2
  • 技あり
    2
視聴回数:2,809回

※視聴回数は2018/5/23に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計