sportsnavi

「奇跡の残留」なるか!?伊藤達哉のブンデスリーガ初アシストなどでハンブルガーが2連勝!

ブンデスリーガ第32節、VfLヴォルフスブルク対ハンブルガーSV。

14位ヴォルフスブルクと17位ハンブルガーによる「残留争い直接対決」となった一戦は、ハンブルガーが制して、奇跡の残留に向けて2連勝を飾った。

先制点を奪ったのはハンブルガー。42分に敵陣ペナルティエリア内で鋭いドリルを仕掛けた伊藤が倒されて、PKの判定。これをボビー・ウッドが沈めてリードを奪う。

さらに、前半終了間際には左サイドでボールを受けた伊藤が中央へクロス。これにルイス・ホルトビがヘディングで合わせて追加点。伊藤のブンデスリーガ初アシストでさらにリードを広げた。

その後、ヴォルフスブルクに一点を奪われるが、試合終了間際にはヴォルフスブルク戦を得意とする、ルカ・ヴァルトシュミットがダメ押し弾を奪い勝負あり。
 
「奇跡の残留」に向けて大きな足掛かりとなる2連勝を飾った。

なお、主将の酒井高徳は先発フル出場、伊藤は84分までプレーした。

  • おもしろい
    5
  • 感動した
    2
  • 技あり
    3
視聴回数:268,995回

※視聴回数は2018/5/23に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計