sportsnavi

混沌のCL出場権争い、ライプツィヒが5位浮上で可能性を残す

ブンデスリーガ第30節、ヴェルダー・ブレーメン対RBライプツィヒ。

一時はバイエルンの後ろに付く2位に躍り出ていたライプツィヒ。中盤戦以降は勝点が伸びず、順位を次第に落としていっていたが、敵地ブレーメンに乗り込んだ試合を引き分け、CL出場枠の4位にあと一歩に迫る5位に浮上した。

先制点を奪ったのは、前半28分、マックス・クルーゼのシュートがクロスバーに当たるも、跳ね返りをニクラス・モイサンデルが押し込んだブレーメン。

しかし、後半5分、ステファン・イルサンケルからのパスを受けたアデモラ・ルックマンが、マキシミリアン・エッゲシュタインとフィリップ・バルグフレーデをかわしライプツィヒが同点弾を決めた。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:33,010回

関連動画

※総視聴回数は2018/4/20に集計されたものです。

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計