sportsnavi

怒涛の6ゴールを見よ!バイエルンが「デア・クラシカー」で大勝劇!

ブンデスリーガ第28節、バイエルン・ミュンヘン対ボルシア・ドルトムント。

ドイツを代表する二大クラブであるバイエルンとドルトムントの名門対決「デア・クラシカー」は、バイエルンが圧倒的な実力差を見せる形で6ゴールの大勝を飾った。

試合スタートと同時にバイエルンの一方的な展開になると、前半5分にトーマス・ミュラーのスルーパスにロベルト・レヴァンドフスキが抜け出し、GKロマン・ビュルキとの対決に勝利して先制。

その後も攻勢は緩まず、レヴァンドフスキのブンデスリーガ8度目となるハットトリックを筆頭に、ハメス・ロドリゲス、トーマス・ミュラー、フランク・リベリも加点。

終わってみれば6-0の大勝で、ブンデスリーガ6連覇に王手となった。

なお、香川真司は左足首の負傷によりベンチ外でった。

  • おもしろい
    3
  • 感動した
    3
  • 技あり
    2
総視聴回数:16,360回

関連動画

※総視聴回数は2018/4/23に集計されたものです。

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計