sportsnavi

松山がグリーンの傾斜を利用してピンそば20センチに寄せた!

PGAツアー第20戦 WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権/テキサス州 オースティンCC

松山英樹は3番パー4で、ピンまで180ヤードの第2打を振り抜くと、ボールはグリーン左サイドのエッジに着地してから傾斜で転がり、ピンそば20センチまで近づいて止まった。このパットを楽々と決めてバーディを奪った。

視聴回数:34,797回

※視聴回数は2019/1/16に集計されたものです。

関連動画