sportsnavi

ドイツ代表FWがゴールを奪い合うゲームはシュツットガルトが勝利、監督交代後の無敗記録も「7試合」に伸ばす

ブンデスリーガ第27節、SCフライブルク対Vfbシュツットガルトのバーデン=ヴュルテンベルクダービー。

試合は共にドイツ代表FWでもあるフライブルクのニルス・ペテルセン、シュツットガルトのマリオ・ゴメスがゴールを奪い合う展開となったが、最終的には後者が後半30分にこの日2得点目を奪い、シュツットガルトが勝利。

監督交代の無敗記録を「7試合連続」に伸ばし、一時の残留争いが嘘のように順位を8位にまで上げた。

なお、浅野拓磨はベンチ入りを果たしたものの出場はなし。これでリーグ戦10試合連続で不出場となっている。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:63,948回

関連動画

※総視聴回数は2018/4/25に集計されたものです。

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計