sportsnavi

0-2からまさかの展開…バイエルンがあの男の「古巣弾」を含む5ゴール!

ブンデスリーガ第20節、バイエルン・ミュンヘン対ホッフェンハイム。

ホームのバイエルンが有利に思われたゲームであったが、立ち上がりはまさかの展開に。

まず、試合開始3分、ホッフェンハイムのセルジュ・グナブリーのPKの流れから最後はマルク・ウートが押し込みホッフェンハイムが早々に先制すると、12分にグナブリーが地を這うミドルシュートで追加点。バイエルンは2点ビハインドの立ち上がりとなった。

とは言えこの展開も数分間で終了。21分、ヨシュア・キミヒのシュートをGKの手前でロベルト・レヴァンドフスキがコースを変えての又抜きシュートでバイエルンが一点を返すと、25分にはアルイェン・ロッベンのCKにジェローム・ボアテングが合わせて同点。慌しい前半戦は2-2で終了した。

そして、後半戦は完全にバイエルンのペース。後半18分ににキングスレイ・コマンが個人技で敵陣を蹂躙して逆転ゴールを決めると、後半21分にはアルトゥロ・ビダルがCKから追加点。そして、仕上げはこの日古巣対決となったザンドロ・ヴァグナーが後半45分にダメ押し弾。

激しい打ち合いは、バイエルンの圧倒的な破壊力が際立つ形で5-2で決着した。

  • おもしろい
    3
  • 感動した
    3
  • 技あり
    6
視聴回数:17,961回

※視聴回数は2018/5/22に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計