sportsnavi

18位と17位の「日本人ダービー」は、大迫のケルンが勝利

ブンデスリーガ第19節、ハンブルガーSV対1.FCケルン。

2連勝中のケルンが、今冬に古巣復帰を果たしたシモン・テロッデの2ゴールで連勝を3に伸ばした。

ケルンの大迫勇也は、監督交代後に5試合ぶりの出場を果たし、CKからのボールをニアですらしてテロッデの一点目をアシストするなど、それなりの結果は残したものの、GKとの1対1をフイにするなど不満の残るパフォーマンス。

一方、ハンブルガーは伊藤達哉が途中出場したが見せ場はなし、さらに酒井高徳に至っては出場すらなしと、「日本人ダービー」という観点では少し寂しい試合となってしまった。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    1
  • 技あり
    3
視聴回数:2,614回

※視聴回数は2018/5/22に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計