sportsnavi

これは本当にPK?トゥールーズ対ナント、試合終了間際に疑惑の判定…

リーグ・アン第21節、トゥールーズFC対FCナント。

前半19分、若き日はイタリアのインテルでもプレーしていた、MFレネ・クルヒンがCKからゴールを奪い、ナントが先制点を得るが、ドラマは試合終了間際に残されていた。

ペナルティエリアにドリブルで進入してきたマックス・アラン・グラデルに対して、ナントのGKチプリアン・タタルサヌがファールを行ったという主審の判断でPKに。

角度によっては接触が全くなかったようにも見える疑惑の判定だったが、このPKをグラデルが自ら沈め、後半アディショナルタイムにトゥールーズがナントに追いつくという結末となった。

  • おもしろい
    5
  • 感動した
    3
  • 技あり
    5
視聴回数:18,755回

※視聴回数は2018/5/22に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計