sportsnavi

バロテッリ!ファルカオ!「コートダジュールダービー」で両チームのエースが魅せる!

リーグ・アン第21節、ASモナコ対OGCニース。

南仏に本拠地を置くチーム同士の一戦は、FWアダマ・ディアカビがケイタ・バルデのクロスに合わせる形で、モナコが前半戦をリードするが、後半戦からマリオ・バロテッリの「ショータイム」が開幕。

47分、モナコの守備の要カミル・グリクとの駆け引きを巧みに勝利して、アラン・サン・マクシマンのアシストに応えると、68分にも再びバロテッリ。

今度はジャン・ミシェル・セリのボールを受け取り、独力で敵陣に侵攻。またもや対峙したグリクとの一対一を冷静に制し、瞬く間にチームを逆転に導いたのである。

だが、「ニースのエース」が真価を発揮すれば、対する「モナコのエース」も黙っていなかった。

ニースの勝利ムードが立ちこもっていた後半アディショナルタイムに、PA手前でファールをもらったジョアン・モウチーニョが意表を付いたクリックスタートでパスを出すと、それを受け取ったステヴァン・ヨヴェティッチがシュート。

ボールはウォルター・ベニテスにセーブされるが、そのこぼれ球にいち早くラダメル・ファルカオが反応し、試合終了間際の土壇場で同点に追いついたのだ。

スコアだけ見れば2-2の「引き分け試合」に過ぎなかった、実際は両チームの「エース」の活躍が光った好ゲームであった。

  • おもしろい
    7
  • 感動した
    5
  • 技あり
    4
視聴回数:14,696回

※視聴回数は2018/5/23に集計されたものです。

関連動画

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計