sportsnavi

香川が決定機を演出するも…ゴールが遠くスコアレスドローに

ブンデスリーガ第18節、ボルシア・ドルトムント対VfLヴォルフスブルク。

香川真司が所属するドルトムントはホームにヴォルフスブルクを迎えたが、0-0のスコアレスドローに終わった。

ゲッツェと共にインサイドーフで先発起用された香川は意欲的な動きを見せ、飛び出しからの折り返しや、機転の利いたパスから決定機を演出するが、ゴールまでに至らず無得点。6本のシュートを放ったが、そのうち枠内のシュートは1本に終わるなど、ゴールがただ遠く感じる試合となった。

なお、オーバメヤンは「懲罰的な理由」でこの試合の帯同メンバーから外れている。

  • おもしろい
    2
  • 感動した
    1
  • 技あり
    3
総視聴回数:8,747回

関連動画

※総視聴回数は2018/2/19に集計されたものです。

新着動画

映像提供
DAZN™

視聴ランキング

24時間以内の回数を集計