sportsnavi

【NFL2017年第14週】ベンガルズがホームでベアーズと対戦

日本時間12月11日(月)、シンシナティ・ベンガルズが本拠地ポール・ブラウン・スタジアムにシカゴ・ベアーズを迎えてシーズン第14週の一戦に臨んだ。

ベアーズは最初の攻撃ドライブでランニングバック(RB)ジョーダン・ハワードが21ヤードランでエンドゾーンに駆け込み先制を果たすが、エキストラポイントに失敗。両チームがパントを続けた後、ベンガルズがRBジョバニ・バーナードのランやクオーターバック(QB)アンディ・ダルトンのパスなどでテンポよく前進し、最後はワイドレシーバー(WR)ブランドン・ラフェルが14ヤードパスを受け取ってタッチダウンした。第2クオーターに2回のフィールドゴールを成功させたベアーズが5点をリードして折り返している。

ベンガルズは後半に入っても攻撃のリズムをつかめず、ベアーズQBミッチェル・トゥルビスキーに4ヤードランでタッチダウンされ、第4クオーターにもトゥルビスキーの1ヤードタッチダウンパスで点差をつけられた。RBハワードが8ヤードを走ってエンドゾーンに駆け込み、ダメ押しのタッチダウンを決めたベアーズが33対7でベンガルズを下している。

ベアーズQBトゥルビスキーはパス32回中25回成功、271ヤード、1タッチダウン、ランでも1タッチダウンをマークした。

ベンガルズQBダルトンは29回のパスを投げて14回を通し、141ヤード、1タッチダウン、1インターセプト。代わって出場したAJ・マカロンは8回のパス中4回を成功させて47ヤードだった。

  • おもしろい
    0
  • 感動した
    0
  • 技あり
    0
総視聴回数:1,216回

関連動画

※総視聴回数は2018/1/21に集計されたものです。